RESEARCH AND DEVELOPMENT

研究開発事業

HOME | 野田食菌工業 | 研究・開発事業 | 野田食菌 研究室

研究開発事業


生命の神秘を科学し、自然のメカニズムを追求。
 
『無断転載禁止』当サイト内のすべての画像と文の転載はご遠慮ください。 

 LEM・MAKの研究開発

昨今、健康食品として注目を集める醗酵食品。野田食菌工業が開発した醗酵食品[LEM][MAK]には、90件以上の特許、100件以上の論文発表や国内学会での発表など、まだ解明されていない未知のパワーがたくさん詰まっています。自社研究所での研究員による商品開発、営業スタッフによる販売・サポート、医療機関や公的機関とのネットワークによるエビデンスの追求など、さまざまなバックアップ体制の構築を目指しています。

野田食菌では、成分の科学的根拠を大切にしています。また、そのデータから様々な特許を数多く取得し、学術論文を通じて製品の信頼性・確実性の確保に努めています。

 ▒ 共同研究
大学や医療機関と共同研究を行い、その研究成果を学術論文として発表しています。日本薬学会、補完代替医療(CAM)、統合医療分野と連携し、機能性食品の可能性を広げる取り組みを行っています。
 
[基礎試験]
富山大学 城西大学 筑波大学 近畿大学 福岡大学 福山大学
[臨床試験]
サンクリニック 亀田総合病院 恵寿総合病院総合病院 湯川胃腸病院